『マイスウィートスウィートエンジェル!』第16話



 シンちゃんが遠くにいっちゃう。それはそれでいい。いつだって遠くから眺めていたいと思っていたのはアタシだ。だけど、別の人みたいになってしまったら、悲しい。この気持ちがアタシのエゴだということも、悲しい。
 いや、変わってなんかないはず。だってシンちゃんは相変わらず、ピンクの可愛いタバコを買っていった! きっと社会とかいうやつのせいで、仕方なくあんな格好させられて、仕方なく言いなりになっているんだ。シンちゃん、待ってて。きっとシンちゃんが気にいる歌詞を書いて、シンちゃんをトキメキでいっぱいにしてみせる。

 ピンクのふわふわの中で、羽の生えた女の子が泣いている。よく見ると女の子じゃない、のか、いやどっちだっていいんだけど、ピンクのふわふわの中で白いレースの付いたパジャマを着ている幼い子が泣いている。その子の周りをスーツを着た馬が、六頭ばかりぐるぐるぐるぐるまわって、難しい言葉を浴びせている。突然、一頭が立ち止まって、一歩近づく。その子に赤い赤いバラの花を差し伸べる。甘くて苦い言葉をかけられて、その子はふと泣き止んだ。
「ダメよ!」
アタシの声はどうしたって届かない。ピンクのふわふわが邪魔をする。その子はついに馬へ乗ったかと思うと、みるみるうちに大人になって、羽は燃えて、代わりにツノが生えて、スーツを着た王子様みたく変身した。ピンクのふわふわが溶けていく。飛べたはずの空が崩れていく。ふわふわが溶けて現れたビルの群れの中で、王子様はアタシに気がつくと、聞きたくない言葉を言おうとしていた。
 馬鹿野郎、という自分の叫び声で目が覚める。目の前には書きかけの歌詞がある。
「マイ、スウィートスウィートエンジェル」
飛んで、飛んで、どこまでも飛んで逃げてくれたら、アタシは安心できたのだろうか。あの子は地面を踏み締めて駆けていってしまった。どこへ? 空は広くて、どこまでいっても空だ。大地はごちゃごちゃしていて、何が何だかわからない。不安、不安、不安。あの子が迷子になってしまわないように、理不尽な暴力にいじめられることがないように、祈る。違う、アタシのために、祈る。あの子がアタシの知らないどこか遠くで、幸せになることがないように。アタシの祈りが届いたことで、幸せになるように。アタシは化け物だ。でも、それでいい。

【差引残高 134,267】

 

◉ぱやちの
ミスiD2020文芸賞、たなか賞、「ミスiD2020」受賞。
https://miss-id.jp/nominee/9740
ぱやちの関連リンク集 https://potofu.me/241638

 

◀ 第15話

第17話 ▶

4件のコメント

  • ふぅ

    math
  • アタシの気持ちが、切なすぎる。

    あき
  • あぁ、今までで1番好きな回です。
    シンちゃんに自分だけのトキメキを抱きしめて生きてて欲しいってそれだけが希望だって私も思っちゃう。

    いかぴ
  • 終わらないでくれ…

    twuru

コメントを残す